アイフォン7最新情報まとめ

毎年新製品が発売されるたびに世界中の注目を集めるのがアイフォン。

 

アイフォン7最新情報まとめ

 

しかし昨年の売上は約13年ぶりに前年同期を下回りました。

 

さらに販売台数についても、中国を除く各国で横ばいあるいは減少が見られており、人気に陰りが見え始めていると言えます。

 

とは言え、やはりスマートフォンとしてのアイフォンはまだまだ需要が見込める可能性は否定できません。

 

今年発売が予定されている最新機種アイフォン7(仮)は、例年通りであれば9月頃が発売日と予想されます。

 

発売日が近くなってきた最近ではアイフォン7の性能やデザインが発売前に様々な方面から漏れてきていますよね。

 

しかしそのほとんどの情報をチェックしてみても、アイフォン7新製品の性能・デザインは従来型とほぼ同じ状況が続いているように感じてしまいます。

 

 

新発売アイフォン7のタイプ情報

これらのアイフォン7最新情報をまとめると、

 

今回のアイフォン7のタイプは3種類になる

 

のではないか?と言われています。すなわち、従来の4.7インチおよび5.5インチモデルに加えて5.2インチが新たに追加されると言われています。

 

実際に発売されるアイフォン7の薄さや質量は依然詳細は報告されていませんが、大方の予想ではアイフォン6および6Sとほぼ同じスペックではないかと予想されています。

 

しかし、

 

イヤホン部分が取り除かれてBlue Tooth対応になる

 

のでは?との情報も飛び交っており、アイフォン7ではアイフォン6や6Sから多少のマイナーチェンジはあるのではないかとも考えられます。

 

 

アイフォン7の販売価格情報

また昨年末から日本においては、大手キャリアによる値引き合戦に対して政府が懸念を表明していますよね。

 

このことでアイフォン7の販売価格は、今回からより高くなるのではと目されています。

 

特に依然として円安傾向となっている日本においては、アイフォン7本体価格自体が高くなることはほぼ間違いありません。

 

しかし消費税増税が見送られた結果、多少は入手しやすい価格に落ち着く可能性もあります。

 

ここ数年のスマートフォン業界においては、薄型・軽量化が購買理由の大きなファクターとなっています。

 

そのため、現在の業界の流れを踏襲せずにあまりに独自路線を貫くと、アイフォン7が成功する可能性も低くなるなります。

 

アイフォン7の販売価格詳細は、今のところ9月前後の正式発表を待つしかありませんね。

 

アイフォン7の魅力とは?

アイフォン人気、特に最新機種の人気はものすごいですよね。

 

アイフォン7発売日最新情報まとめ

 

アイフォン6、6sが発売されてからまだそれほど経っていませんが、次の最新モデル「アイフォン7」の情報で賑わっております。

 

とはいっても、アイフォンは安い買い物ではないので最新モデルが発売される毎に機種変更しようかどうか悩んでいる人は多いですよね。

 

そこで、買い替えを考えている人もそうでない人にも知ってほしいアイフォン7の魅力を探ってみようと思います。

 

機能的なデザイン

従来のアイフォンは、画面とホームボタンは別でした。しかし、最新型のアイフォン7は両者が一体化するというのです。それによって画面サイズが大きくなり、よりスタイリッシュなデザインになるようです。またアイフォン7は本体の薄さがアイフォン6/6sよりもさらに薄型になるという話もあるので、軽く持ちやすくなるのも女性やお年寄りには良いかもしれません。アイフォン7自体の大きさはおそらく6/6sと変わらないので、軽いスマホを好む人にも魅力的です。

電池の持ちが良い

今までもアイフォンバッテリーも他のスマートフォンに比べても持ちが良いとされてきましたが、容量の大きなアプリを開いたり、webブラウザを起動させるとすぐに減ってしまったりと、欠点もありました。しかし、最新型のアイフォン7は今までとパフォーマンスの質は落とさずにバッテリーの駆動時間が伸びるというので、普段多く使用するという人には嬉しいポイントです。

 

カメラ機能の充実

これまでの携帯やスマートフォンのカメラというと画質が悪く、撮っても鮮明に写せないということが多々ありました。しかし、アイフォン7ではデュアルカメラというものを搭載する予定だそうで、2つのカメラで撮影することによってより一眼レフに近い高画質の写真が撮れるというのです。最近ではカメラアプリが増え、自分のペットや作った料理などをSNSなどに載せる人も増えてきました。しかし、せっかく載せた写真がぼやけていては意味はありませんよね。そういう悩みを抱えていた人には、この知らせは朗報です。

 

さらにビデオ機能も最新の機能が搭載されるとの情報が出回っています。それは

 

4Kビデオ動画

 

4Kとは最近テレビでも急速に普及していますよね。従来の動画よりも画像が鮮明でサイズが大きくなり、その場にいるかのような臨場感のある動画を撮影することが可能になるということです。

 

アイフォン7で動画をたくさん撮って思い出を残しておきたいという人におすすめの機能です。

 

これ以外にも、アイフォン7に対する様々な噂が出回っています。例えば、

 

やじるし防水機能がつく
やじるし目の動きで画面を操作できる
やじるしコードがなくても充電できる

 

などです。防水機能は、Apple社がすでに特許を取得しているのではないかという話も出ています。

 

これには、一部のユーザーから賛否両論の声が出ていますが、個人的には防水機能に関してはあった方が良いですよね。

 

しかしアダプターなしで充電できたり、タッチしなくても画面操作ができるというのは...そこまで技術開発が進んでいるかは何とも言えないところです。

 

そんなアイフォン7は今年の秋冬もしくは来年の夏ごろに予約が開始されるのではないかと言われています。これもまだ定かではない情報ですので、購入を考えている人はアイフォン7の最新情報を随時チェックしておくようにしましょう。

 

また「s」「plus」とアイフォンモデルが新しくなるにつれて機能は絶対に向上している傾向にあるので、買い替えを急いでいないという人は、その後すぐに出るであろう最新アイフォン7を待ってみるという手もあります。

 

いずれにせよアイフォン7はアイフォン6/6sよりもだいぶ新しい機能が増えることは確かでしょう。

 

どんどん操作が複雑になっていくのは悩ましいところですが、質の良いパフォーマンスを求めるビジネスマンや若者のアイフォンの需要はこのモデルが発売されることによってまた増えていきそうです。

 

これまでにもずっとアイフォンを使ってきたという熟練ユーザーも、ずっとアンドロイド端末を使用していたというアイフォン初心者の人も、今回のアイフォン7には一度注目してみたほうが良さそうです。